Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
「はだしのゲン」利用制限について日本図書館協会の松江市教育委員会への要望
 

「図書館の自由宣言」を掲げている日本図書館協会図書館の自由委員会が

 

中沢啓治著「はだしのゲン」の利用制限について

松江市教育委員会に要望書を提出したそうです。

ようやく、日本図書館協会のサイトに要望書が
アップされました。

 

http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=2014

 はだしのゲンの問題が報道された8月16日時点で、ちょうど司書講習で「図書館の自由」をとりあげていたのに、受講生のひとりから、「なぜ、日本図書館協会は、松江市教育委員会に対してなにも行動をおこさないのですか」と質問されて、タジタジになっていた私。

 そのうち、きっと・・・と思ってはいたのですが・・・

 自由の委員会メンバーも全国の図書館員なので、図書館の一番の繁忙期に、情報を集め、意見を集約し、要望を提出するまでなされたことに敬意を表します。

要望書に全面的に賛成ですが、とくに、

 貴委員会(松江市教育委員会)は「閲覧や貸出しの全面禁止でなければ、(日本図書館協会が表明する)図書館の自由を侵さないと独自に判断」されたと報道されています(「中国新聞」8月19日)。

の報道を受けて

 

 学校図書館において利用が制限されている蔵書を読みたい子どもが、教師さらに校長の許可を求めることの心理的負担は、とても大きいのではないでしょうか。子どもたちはその本を読むことが教師や校長から良くないことだと思われると受け止めるのではないでしょうか。そして場合によっては、読むことを諦めるのではないでしょうか。子どもたちは、学校図書館を、蔵書の内容によっては自由に手に取り、読むことを 抑制する場であると受け止めるのではないでしょうか。学校図書館の自由な利用が歪むことが深く懸念されます。

この表現はいいなと感じました。わかりやすい。

最後の結びにも共感します。

 子どもの読書活動の推進に関する法律(平成13年法律第154号)は、「子どもの読書活動は、子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、 創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものであることにかんがみ、すべての子どもがあらゆる機会とあら ゆる場所において自主的に読書活動を行うことができるよう、積極的にそのための環境の整備が推進されなければならない。」として、その推進を国や地方公共 団体に求めています。
 貴委員会におかれては、いちはやく全小中学校の学校図書館に専任の職員を配置され、子どもたちの読書活動の環境整備に努められています。
 子どもたちの「自主的な読書活動」を尊重する観点から本件措置を再考され、読書活動の環境整備をよりいっそう推進されますよう、お願い申し上げます。

 ちなみに、わが鹿児島市では、教育委員会が「はだしのゲン」を所蔵しているかの調査はしているようですが、閲覧制限などの指示はでていないと南日本新聞が報道しています(8月23日付)。

 しかし、学校司書の情報によると、図書室からひっこめたところもあるようです。司書の判断なのか、上司からの指示なのかは定かではないのですが・・・。

 
 

 もちろん、校長先生に「うちははだしのゲンどうしてる?」と聞かれたとき、「もちろん開架だし貸し出しもしてます。閉架なんてとんでもない!」と強く言ったという司書もいます。(私のところの卒業生です)校長先生は、圧倒されていらしたとか。まだ若い彼女は、とてもしっかりしていて、「なんでもかんでも禁止すればいいってもんじゃない。子どもは思っているほど子どもじゃないし、ちゃんと伝わるはず。」

「マンガだからこそ戦争や原爆の悲劇や恐ろしさが伝わる。こんなことがあったんだよなぁって、見ていて辛いけど、子どもたちもちゃんとそれを知っていかなきゃ!!」という考えの持ち主です。

子どもたちへの信頼感があふれている、これぞ、本来の司書!とうれしくなります。

 
松江市の学校司書たちも、子どもたちとの信頼感を培ってきたはずです。松江市教育委員会が日本図書館協会からの要望書に応えていただけるといいですね。

posted by: tanechan | 子どもの読書 | 11:03 | comments(3) | trackbacks(0) |
沖縄アニマシオン交流会
 7月27日、沖縄のうるま市でアニマシオン全国交流会がありました。

全国(青森・東京、静岡、鹿児島、そして沖縄)で、この10年ほど、東京のアニマシオンクラブ(代表 岩辺泰吏先生)
と連携してアニマシオンに取り組むメンバーが約100名灼熱の沖縄に集まりました。

「めんそーれ」の横は、わが鹿児島チームのKさん。椋鳩十でアニマシオンをやっています。下は、少ししか映っていませんが、昼休み返上で行われた「アニマシオン出店」。
anima1

saigennこれは、鹿児島チームで頑張ったHさんとKさん。どちらも小学校司書さん。鹿児島のどこの小学校図書館にもどーんとおいてある椋鳩十の全集、しかし、一年中ほとんど動かない。そこで、アニマシオンで関心を惹きつけたらどうだろうと工夫を重ねて、実演してくれました。よく頑張りました。あのポプラ社の全集全部を読んで、椋記念館にも出かけてつくったそうです。ちゃんと自分の学校図書館で実演もこなしてきたとか。
和服は、自宅でくつろぐ椋先生、洋服は外出時の椋先生をイメージしました。いずれも、お父さんから借りてきたそうです。ループタイに懐中時計まで、芸が細かい。

どこの小学校でも、こんなアニマシオンが実演されると、椋鳩十全集が手にとられますよ。10月(26日の予定)に山川図書館でもやります。知りたい方は、ぜひ参加して。そして、「うちの学校では、こんなアニマシオンやったよ」
とそれぞれのアイディアを交流できるようになるといいですね。アニマシオンの手法とは誰かに教えてもらうものではなくて、みんなで工夫し、創り出すものです。

suketto

わがチームには、こんな可愛い助っ人が・・・

asano

これは、笠井先生のチョコレートのアニマシオンであさのあつこさんの手紙を読んでいるHさん。かつて、鹿児島でやっていただいたアニマシオンを改良されたとか。チョコレートがもらえない子の悩み相談から始まり、児童労働問題まで、味わい深いアニマシオンでした。

iwa

昼休みの出店中の岩辺先生。お客さんの前で熱演中

anima2

これは、青森の小学校の先生のアニマシオン。震災を扱ったもの。震災から2年を経て、新聞記事を中心にした実践です。

他に、黄金言葉(くがにことば=ことわざ)をテーマにした沖縄のゆかいなアニマシオンがありました。

この交流会は、今年10月5日には、東京の明治学院大学で行われます。鹿児島からは、今度は山川図書館チームで、実演します。

そして、鬼に笑われますが、来年は鹿児島で、この交流会をやる予定です。
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
この夏もアニマシオン
7月27日、沖縄のうるま市で、アニマシオン交流会


東京のアニマシオンクラブと長い間交流してきた沖縄アニマシオンクラブの主催で、全国交流会があります。

青森、鹿児島、東京、沖縄から、ワークショップ
そして、「子どもに伝えるいのち」(種村が講演します)

7月27日(土)9:00−17:00
うるま市いちゅい具志川じんぶん館ホール

現地実行委員会
うるま市盥晶Ь学校司書 山内絹子
FAX098-982-6059

鹿児島でも、今年も岩辺先生、笠井先生を迎えてやります。

8月8日、9日宝山ホール
ただいま、絶賛 参加者募集中!

詳しい日程は、

子どもの本かごしまのHP

http://www3.synapse.ne.jp/khk/sub5.htm

事務局にメールでお問い合わせください。

posted by: tanechan | 子どもの読書 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
おまたせ、アニマシオンセミナーのおしらせです。
 今年の夏も、岩辺先生、笠井先生をお迎えして、アニマシオンセミナーを開催します。

日程は、8月8日、9日

岩辺先生は「笑いと涙のアニマシオン」

笠井先生は、待望の「サッカーのアニマシオン」

鹿児島の若い司書さんのアニマシオンもありますよ。

9日午前中は、こどもといっしょに参加できる「物語詩をつくろう」


くわしい要項は、

子どもの本かごしまのサイトまで。

こちらhttp://www3.synapse.ne.jp/khk/

参加を考えている方はお早めに申し込んでください。人数制限があります。

今年は会場が宝山ホールです。
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田浩子さんのお話会
ふじたさん 

今日は、藤田浩子さんのお話会とワークショップ。
子どもたちといっしょに、びゅんびゅんごまをつくりました。

写真は、3個のこまをいっしょに、まわしてくださっている藤田さん。

こま

巨大ぶんぶんごまを回しているところ。ふたりの息があわないとなかなか回りません。

3・11後、初めて鹿児島を訪問していただいた藤田さん。

楽しいおはなしと、今回は、福島の子どもたちのことも語ってくださいました。

明日も、引き続き講座があります。
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤田浩子さんが来てくださいます
 藤田浩子さんの子どものためのおはなし会
  & 子どもと一緒にワークショップ

     (牛乳パックで作るびゅんびゅんごまと、
                   空飛ぶブーメラン作り)

おはなしおばさん藤田浩子さんの講座があります。

6月 8日 (土) 13:30〜16:00
             (財)鹿児島県青年会館 艸舎
                    (鹿児島市下伊敷1-52-3)

  定員 子ども20名(4歳〜) 保護者同伴、 大人15名
         (事前申込が必要です。大人だけでも参加できます)
       *小さいお子様をお連れでの参加はご遠慮ください。

  ◆当日ご持参ください。
      牛乳パック(1リットルを2本、洗って開かないまま)、ハサミ
 
    主催・お問い合わせ  子どもの本かごしま
                 鳥羽 099-265-2019
                  大瀬 099-256-2614

 お申込
    
子どもの本かごしまのホームページ
の「お問い合わせ」から次の内容をメールでお送り
    下さい。
      ,名前(ふりがな)
      ∀⇒軅茵覆任るだけ携帯番号)
      ご住所
      い子様のお名前・年齢
      ソ蠡亜 紛詰 学校司書、図書館・公民館関係、
             読書ボランティア、その他)
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
椋鳩十賞
miyakoてらいんく  

椋鳩十賞の授賞式に行ってきました。詳しくは、

南日本新聞 5月9日付

受賞発表は、同紙4月10日付

とにかく元気をもらいました。60台後半から、岩手県の田野畑村に取材に通い、90才を前に、岩崎京子先生に進められて、出版されたそうです。

審査員代表で挨拶された那須正幹さんが、この本は、子供たちにも読んでもらいたいが、真っ先にTPPをおしすすめるA総理に読んでもらいたいとおっしゃっていました。

さすが、那須さん。
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
かごしま文庫の会
 昨日は、かごしま文庫の会の総会でした。
この会は、もうすぐ創立30周年。
同じような他県の会に比べ、かなり地味な存在ですが、着実に歩みを重ねてきました。

設立されたのは、まだ椋鳩十さんがお元気なころ。鹿児島で、日本子どもの本研究会の「子どもの本と児童文化講座」を開催したいと奔走されていました。

結果的に鹿児島には、民間団体が育っていなくて、県立図書館が大会事務局を引き受けました。
当時、事務局として苦労された県立の課長さんから、ぜひ民間の受け皿になるような会をつくってほしい、会場や印刷機は提供するからと提案されて、県立図書館におんぶとだっこの状態で発足しました。

設立当初は、県立図書館の児童室担当者もいっしょに学習会に参加していました。

今でも、例会は県立図書館をお借りして、実施しています。子どもたちに本を届けるための児童文学やおはなし、わらべうたの勉強会を中心にやっています。

ここ数年、鹿児島の昔話を研究されている有馬英子さんの講座も続けています。

次回は、6月6日
「天人女房」がテーマだそうです。
語り手・丸山克介先生
丸山先生は、もと小学校の校長先生。
入学式では、子どもたちに向かって、おはなしをされていました。
原点は、沖永良部で育った子ども時代、大人たちの語りを直接聞いて育った体験の持ち主なんですね。

詳しくはかごしま文庫の会ホームページ
会と催し
を参照ください。

文庫の会は基本的には、ボランティアの会ですが、この会から、司書講習を受けて、司書として巣立った方もいますよ。
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
多くの高校生・中学生は、図書館から本を借りていない?
ともんけんMLで、
 独立行政法人国立青少年教育振興機構が、平成2月23日に、「子どもの読書活動の
実態とその影響・効果に関する調査研究 報告書」を発表したことを知りました。

子どもの頃の「読書」活動が、成長してからの「意識・能力」に及ぼす影響や効果などに
ついて、調査し報告しています。

学校図書館や公共図書館の重要性を実証している貴重なデータです。
なるほど!そうか、と思う点が多いです。

詳しくは、こちら

国立青少年教育振興機構ホームページ:http://www.niye.go.jp/
報告書掲載ページ:http://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/72/
プレスリリース資料(概要)
http://www.niye.go.jp/kanri/upload/editor/72/File/kouhyouhappyou.pdf


ちょっとショックだったのは、

調査結果 多くの高校生・中学生は、図書館から本を借りていない。
■ 学校図書館・地域図書館で「1 か月あたり何冊くらい借りますか」という問に対して、「0冊」と回答した割合は
学校図書館が高校生82.0%、中学生72.4%、地域図書館が高校生85.2%、中学生78.3%である。

だそうです。
その前の部分に中学生や高校生も本好き、読書をしている、というデータがあるのですが・・・。借りないで、図書室で読んでいる生徒が多いってこと?(ハッシーさんとこはそうみたい
それとも・・・中学生や高校生が読みたい本が図書館にはないってこと?
それとも、図書館なんぞ行く時間がないってことかな?
posted by: tanechan | 子どもの読書 | 13:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
フランスアニマシオン研修の報告書
 animasion

フランスアニマシオン研修の報告書ができたそうです。

正式のタイトルは『子どもたちと拓く読書の世界ーフランスの公共図書館でのアニマシオン・学校でのメディア教育をたずねてー」

佐藤凉子さんを団長に、辻由美さんをコーディネーターに、昨年3月に行われた研修旅行です。

鹿児島から参加した久川さん、アニマシオンくらぶの岩辺、笠井両先生、そして、辻さん、佐藤さんと報告を聞く機会は、何回もあったのです(なんと、贅沢)が、やはり、記録を読みたい、と刊行を待っていました。

ただいま、わくわくしながら読んでいます。

みなさんもぜひお買い求めくださいと言いたいところですが、残念ながら、私家版です。いわゆる灰色文献(通常の流通ルートでは入手できない本)です。

こういう本を出版できる環境にないんですね。

国会図書館には、納本されるはずです。
たぶん。

私は、大学と、鹿児島市立と鹿児島県立図書館には、寄贈するつもり。
久川さんの山川図書館もたぶん蔵書にすると思います。しばらくすると、もよりの図書館からの相互貸借で読めますよ。

ここまで書いて、奥付をみたら、連絡先のFAX番号があります。FAX044−855−2735

posted by: tanechan | 子どもの読書 | 12:15 | comments(1) | trackbacks(0) |