Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
早くもつつじとクスがコラボ
 kusu

4月を待たず、桜が散ってしまい、キャンパスは、クスの新緑とつつじが見事なコラボを見せてくれます。

tutuji

さあ、新学期。
勤務する短大が最後の年です。(大学では、引き続き司書や司書教諭の養成にあたります。今年の夏は、司書講習もあります。)

最後の短大生といい想い出をつくりたいと思います。
posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
満開の桜in鹿児島国際大学
 namiki

学生がいない時期に満開になってしまった桜。いつもは、この下でゼミ開きをするのですが・・・。

tosyokanmae

わが大学の図書館です。
私は、この3月に図書館長の任期を終えます。

スタッフや学生サポーターに恵まれて、一緒に学生が使いやすい心安らぐ図書館づくりに頑張ってきたつもりです。

まだまだ行きとどかないところもありますが・・・

でも楽しく充実した4年間でした。

posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業式でした
sakura 
3月18日、卒業式でした。
いつもは、入学式に満開になる桜が、すでに7分咲きぐらい。あいにくの雨でしたが、桜が卒業する学生たちの旅立ちを祝ってくれました。

sotugyousiki

式直前の光景を後ろからパチリ。
いつも見慣れた卒業式場とちがうでしょう。壇上には、大学の歴史を知らせる旗が飾ってあります。

「ハレルヤ」で始まり、今年は谷川俊太郎さん作詞の「未来へ」が歌われました。合唱団の学生たちの選曲のようですが、すてきな詩と曲でした。

卒業hanataba
左は、短大部の卒業証書授与風景。一人ずつ声をかけて学科長が渡しています。右はゼミ生からもらった花束です。

今年巣立つゼミ生は、8名。うち2名が公共図書館で司書になります。ふたりとも、司書になるために、この短大を選んできてくれたそうで、決まってよかったです。図書館サポーターと
作家を招くMプロで頑張ってくれました。
もちろん、卒論も図書館をとりあげました。

ホテルで働く2人は、すでに研修中だそうです。

アパレル(販売)や福祉施設とか、働く場はいろいろですが、きっと頑張ってくれることと思います。
(民間企業から司書という道もあるからね)

あと1年しか短大はないけど、大学があるから、なにかあったら、また訪ねてきてください。卒業ほんとうにおめでとう。

posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業生がやってきた
大学自慢の桜並木、このところの温かさで、ちらほら咲き初めています。ちょっと早すぎないかな。

 今日は、昨年3月卒業して、昨年8月から県北の高校図書館に勤務しているNさんが訪ねてくれました。

高校に勤め始めてから初めてかな。直接出あうのは。

まだ、数カ月しか経ってないというのに、数百冊の除籍をやってのけたとのこと。えらい、えらい。
事務長さんが、平成の本だけでいいよ、と言ってくださったとか。昭和30年代の図書もまだ残っていたそうです。

歴史の古い学校は、長い間除籍をしていないところが多いみたいですね。(従来の司書さんたち、除籍を躊躇していたのかな)

もちろん、司書室にこもってばかりいないで、生徒たちとの日々の触れ合いも楽しんでいるようで、安心しました。

使いやすい図書館目指して模様替えしたり、生徒目線で選書をしたり、頑張っているようです。

普通科の高校ですが、先生たちがよく生徒を連れて図書館に来てくださるらしく、その辺も予想外(失礼!)のできごとみたい。

たとえば、ラグビー部の顧問先生が「雨で練習ができないから、急きょ栄養について学習する」ために、部員を連れてきてくださったりするのだそうです。

昨年の今頃は、就活がうまくいかなくて、あせりまくっていた彼女ですが、司書資格を生かせるいい職場にめぐりあえてよかった。(図書補助員で3年間しか働けませんが・・・)

私にとっても、うれしい時間でした。
posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
まだまだ、就活続いています。
 卒業式が間近いですが、まだ就職先が決まっていない卒業生がいて、心を痛めています。
昨日は、そのうちふたりをある福祉施設に見学に連れて行きました。

軽い知的障害のある方が利用されている就労支援施設です。

手がけている仕事は、木工、陶芸、蔬菜、食品加工、パンケーキなどの製造販売、それにすてきなカフェ・レストランもあります。あの写真絵本『ぶたにく』(幻冬舎)の舞台となったゆうかり学園のすぐ近く、姉妹園みたいなところです。

全部を見ることはできなかったのですが、みなさんがイキイキと仕事にせいを出していらっしゃるようすに、元気をもらいました。

仕事って、こんな風にみんなでやると、達成感が味わえるものなんだと実感できる職場でした。

採用は、ふたりのうち1名のみなのですが、うまく決まるといいなあ。

司書の方は、同じ日に、鹿児島市内の小中学校司書の採用試験でした。

5名ほどの採用に15名ほどが挑戦しているそうです。
(ハローワークでの紹介状発行が制限されています)

昨年は、面接だけでしたが、今年は、おすすめの本を2〜3冊持参してブックトーク風に紹介するという課題が出ていました。新しい学習指導要領の実施で、学校図書館と学校司書の役割が見直される中、たとえ、非常勤嘱託と言えど、レベルの高い司書を採用したいという教育委員会側の配慮があったと思います。

司書と司書教諭をとったうちの学生は、ブックトークやアニマシオンの実演を通してひととおり本を紹介するスキルは学んでいるはずなので、大丈夫と思いたいですが・・・。(関係の受験者には、聞く側の身になって、「簡潔、明瞭、楽しく!』やって、とアドバイスしました。うまくいったかな)

県立高校の図書補助員の採用もハローワークに出るケースが増えています。しかし、どうも書類だけ見て、住所の近い人を選んでいるんじゃないかと疑いたくなるぐらい、面接なしで履歴書が返ってきた人が多いようです。

正規司書の採用試験がないのですから、せめて面接を受けさせてほしい。どんな学校図書館にしたいのかビジョンをプレゼンさせてほしいな。
posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャリアデザイン講演会
pi-natu 

1月24日、短大のキャリアデザイン講演会がありました。
今回は、4名の卒業生を迎えて、パネルディスカッション形式で、
〆の仕事を選んだ理由 ∋纏のやりがい、苦労 C斬膸代にやっておきたいこと
などを話してもらいました。

パネリストは、短大第1期生で、結婚後、子ども4人を育てながら、手造りピーナツ豆腐(写真の品、山形屋で販売しているそうです)方、
それに、福祉施設で働いている方、そして、鹿児島市内の小学校司書として働くOさん。

ピーナツ豆腐は、そのとき、おみやげにいただいたものです。それは、それはおいしい。伝統の手造りの味を伝えたいと起業されただけあって、こころのこもった味です。

Oさんは、短大卒業後、いちど民間会社に勤務してから、念願の学校司書になった経歴の持ち主。学生たちにまわり道をしても、そのときの経験が今も生きている、と伝えてくれました。
鹿児島市内の学校司書は、PTA雇用から市の直接雇用になり、勤務時間が1時間短縮され、子どもたちと触れ合う時間が確保しにくくなっているそうです。でも、せっかくあこがれの学校司書になったのだから、おもしろそうな本を探す子どもたちの相談にのったり、読み聞かせやアニマシオンをやったりする時間を確保していきたいとのこと。

福祉施設の2人は、知的障害の方の利用する福祉作業所で働いているのですが、利用者さんと一緒に作業をする仕事は、やりがいがあって、学ぶことが多いとのこと。

もっとゆっくりひとりひとりに話してもらう時間がとれたらよかったのですが、学生たちにとって、自分の将来を考えるいい機会になったようです。

下の写真は、Mプロの学生たちの記念撮影。前の5名は男子学生です。那須正幹さんの講演会では、男性5人組が大活躍でした。

Mpuro
posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
那須正幹さん、無事に終了しました
 短期大学部学生Mプロが計画した那須正幹さんの講演会(正確には対談会)が無事に終了しました。

昨年のあさのあつこさんに続き、講演のある午前中は、あいにくの雨。

でも、会場いっぱいにたくさんの方がかけつけてくださいました。うれしかったのは、小学生の男の子たちが、友達と連れ立ってきてくれたこと
なす2

那須正幹さんがいらして、これから対談が始まるところ。
いちばん前の席は、まるで3人組がよみがえったかのような男の子3人組。小学5年生だそうです。

なす1

4名の対談者は、「ズッコケ3人組について」「作家としての那須さん」「子どもと教育」「原爆と平和」の4分野にわたって、するどい(!)質問をなげかけ、那須さんと楽しいやりとりを繰り広げました。

フロアからの質問も、それはそれはバラエティにとんでいて、楽しい時間はまたたくまにすぎてしまい、あっと言う間の2時間でした。

サイン会

ていねいにサインに応じてくださる那須さん。

全員

最後に那須さんを囲んで記念撮影。

実は、この時間に学生論文コンテストの表彰式が行われていて、4〜5名が抜けています。

なんとなんと、今年の学長賞、最優秀賞と次席は、この短大Mプロメンバーがゲットしました。

読むことは、書く力につながる・・・ですよね。


kabe

会場の後ろでは、ズッコケの巨大キャラクターがとびはねています。これは、Mプロの学生たちが何日も何日もかけて作成したものです。当日限りで捨ててしまうのは惜しい!と思っていたら、当日参加された小学校図書館の司書さん(みんな卒業生ですが)がジャンケンで争奪戦。みごと勝ち抜いた小学校図書館に連れて帰ってもらいました。子どもたち、喜んでくれるかな。


posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ、明日 那須正幹さんの講演会
 長らく、更新しないでいるうちに、明日は那須さんの講演会です。

nasu1

上の写真は学生たちがつくった展示。


nasu2

那須さんと言えば、ズッコケ三人組。全部で2100万分もでているそうです。

しかし、ズッコケだけではない那須さんの幅広さを物語っているのが、この上の写真にある「ヒロシマ三部作」(ポプラ社)です。

那須さんの自伝的作品だそうですが、めずらしく女性が主人公です。原爆を受けたヒロシマで、母娘3代でお好み焼き屋を営んできた家族を通じて、戦後を生き抜いてきた人々に思いを寄せて描かれた作品。昨年刊行されています。

東日本大震災からの復興も、きっと大丈夫とエールをおくっているような作品です。


対談会の準備も、学生たちの手で着々と進んでいます。

Mプロには、今年も多彩な人材が揃っています。
会場は、那須さんモード一色になる予定です。

学園祭と重なってしまったので、参加人数にはまだゆとりがあります。
申し込んでない方も入れますので、都合がついたらぜひおいでください。

学生代表との対談がメインですが、フロアからの質問の時間もあります。

サイン会ももちろんあります。

森絵都さんから始まったMプロ主催の講演会、今回初めて、男性作家を迎えます。
プロジェクトリーダーも初めて男子学生が務めます。

期待してください。

posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
第1回とっておきの音楽祭inかごしま、すごいもりあがりでした
totte 

10月13日、鹿児島では初めてのとっておきの音楽祭、たいへんなもりあがりでした。

私は、午後大学のオープンキャンパスがあり、午前中しか参加できませんでしたが、それでもすごいもりあがりを目の当たりにしてきました。

主催者によると、鹿児島で初めての開催なのに、出演者が500名。ボランティアスタッフだけでも、150名、というすごい規模!

音楽を通じて、こころのコミュニケーションを!の願いは、鹿児島でもみんなのなかに根をおろしているってことですね。

写真上と下は、ベルクひろば(今回のメイン会場)での「なかよしコンサート」(出演者は、わが短大の学生、卒業生)、いつもは学内でやっているのですが、今年はとっておきの音楽祭のオープニングを飾りました。みんなとっても楽しそうでした。

totteoki

下は、卒業生の「音つむぎの会」メンバーが演じている音つけ絵本です。歩行者天国になっている路上です。かぶりつきで見ている子どもたちの姿、いいでしょう。

ototuke

実行委員長として半年間頑張ってきた同僚のますみ先生、ほんとうに御苦労さま。そして、成功おめでとう。

さあ、次はMプロの那須正幹さんの講演会だ〜。
posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
とっておきの音楽祭、鹿児島市内で13日開催
 nakayosi

「とっておきの音楽祭」というのが、東北仙台を中心に全国で行われているのをご存知ですか。

私は、同僚の音楽療法をやっている先生からの情報で知ったのですが、
誰でも、気軽に音楽を楽しもうというイベントです。

その音楽祭が13日土曜日、鹿児島市内天文館一帯で開催されます。

オープニングイベントは、鹿児島国際大学短期大学部で音楽療法を学ぶ学生たちが出演します。

詳しくは、こちら

写真は、11日のカレッジライフの時間に短大生におひろめしているところ。
本番を前に緊張気味ですが、当日は楽しみながら頑張ってほしい。

11時〜天文館ベルクひろば


天文館方面お出かけの方は、お立ち寄りください。
posted by: tanechan | 鹿児島国際大学短期大学部のこと | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |