Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
かごっま図書館語ろう会
 高校司書をしている卒業生2名の発案による「かごっま図書館語ろう会」昨年夏につづく第2弾が、
5日の夜、天文館で、にぎやかにとりおこなわれました。

 参加者は、鹿児島市内だけではなくて、指宿や南九州市、姶良市、いちき串木野市からも。勤務館も、学校図書館、公共図書館、公民館図書室など、いろいろ。

 正規職員はほとんどいなくて、非正規で、でも図書館が好きで、できたらずっと続けたいという方たちばかり。自己紹介のときから、利用者によろこんでもらう図書館づくりに取り組むノウハウが紹介されました。

 昨年この会で、じゃんけんゲームに勝って、おおきなカエルのぬいぐるみをゲットした方は、勤務する公民館で、利用者になまえをつけてもらって、スタッフと同じネームをつけて活躍するカエルのその後を紹介してくれました。

 なかには、採用されたとき1年契約で4回まで契約更新できる(5年間勤務できる)と記されているのに、公民館館長に3年で辞めてほしいと言われている方も。

 夏休みの子どもたちに喜んでもらいたくて、自発的にお話し会を企画しているほど熱心な方なのに・・・。

 鹿児島には、司書を専門職としてきちんと位置付ける仕組みがまだまだ整っていないと実感します。
 
 公民館図書室は、60万人の鹿児島市にたった1館しかない市立図書館とネットワークで結ばれ、利用者である市民は、実質市立図書館の分館的役割を期待しています。
そのために、嘱託として採用するときは、司書資格が要求されています。

 採用された方々も、よりよいサービスを提供するために、出張費も研修費もないのに、自費でさまざまな研修会に参加したり、月1回の自主研修会も開いています。

 そういう司書が支えている公民館図書室なのに、3年とか5年とかで雇用止めにしてしまうと、積み重ねた経験が生かされないことになります。

 私自身は、公民館図書室を正式に図書館分館として位置づけ、たとえ嘱託でも、安定して働ける、高い専門性を持った司書が働き続けられる場となってほしい、と願っています。

 その願いをどうやって、関係者に届ければいいのか、考えさせられた語ろう会でした。

 こういう会は、とにかく継続することが肝心。呼びかけ人の2人は、まだまだ頑張ってね。
posted by: tanechan | 卒業生 | 18:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:41 | - | - |
金曜日はご参加ありがとうございました。

正直へこたれそうでしたが…何とか無事に終わって何よりでした。
皆さんの情報交換の場になってよかったなと実感しつつ、次はいつするかで盛り上がったりと、結構楽しんでくださっていたのだなと幹事的にうれしくもありました。
次の予定は未定です!!他にちょっと企画したいことができましたので…。

公民館図書館の方々のバイタリティには脱帽でした。まだまだ学校図書館も負けていられません!!
一時は、自分の職務に専念したいと思います♪
| ことてん | 2011/08/08 9:09 AM |
幹事さんに声をかけていただき、参加できて本当によかったです。
普段は自分たちのことしか見えていませんが、いろいろな環境があり、それぞれみなさん生き生きと活躍していらっしゃる様子に、負けてはいられない!と思うことでした。
次回も楽しみにしています。
環境にどっぷりつかってしまうのではなく、いつまでも「利用者さん目線」わすれないようがんばりたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
| 茶々まんじゅう | 2011/08/12 12:40 AM |









この記事のトラックバックURL
http://inochinotabi.jugem.jp/trackback/942
トラックバック