Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
九州地区図書館非正規職員交流会のお誘い
4月10日付のブログにもUPしましたが、鹿児島で開催する第5回九州地区非正規職員交流会(略して「きゅうひこう」)が近づいています。

図書館の職場や仕事について、気軽に意見を出し合って見ませんか?

鹿児島県及び九州各地の公共図書館、学校図書館に勤める非正規職員および正規職員、またはこの問題に関心のあるみなさんの参加をお待ちしています。

報告者に繁村 千鶴子氏(図問研福岡支部・職員問題委員)野田 千佐子氏(図問研鹿児島支部・元鹿児島市公民館図書室司書)をお招きしています。
 
鹿児島では今年3月公民館図書室司書の5年雇い留め、鹿児島市立図書館での司書業務の民間委託問題もあり、非正規職員として図書館を誠心誠意支えてきた司書の願いが踏みにじられかねない事態が生まれています。

この機会にみんなで声を出し合ってみませんか。...

東京より練馬図書館の小形さん、福岡で非常勤嘱託司書として頑張ってこられた繁村さんを迎えて、集りをもちます。

6月9日(月)13:30 - 16:30.場所: 鹿児島市勤労者交流センター(よかセンター)鹿児島中央駅前ダイエー7階 鹿児島市中央町10番地キャンセ7,8階 
電話:099-285-0003
参加費:200円
主催:図書館問題研究会職員問題委員会・鹿児島支部

連絡先:小形 090-5445-6497  下吹越 090-6294-9195

なお、月曜日は参加できない方のために、前夜祭を開きます。

6月8日[日)
18:30〜21:00

会費:3000円 黒豚しゃぶしゃぶ

飲み物は別途

小形さん、沖縄国際大学の山口先生、繫村さんも参加されす!!
 
場所は、「ホテルユニオン」  〒890-0046 鹿児島市西田2-12-34   099-253-5800 JR鹿児島中央駅西口より徒歩2分  ホテル併設の20台の立体駐車場 少し離れた場所に平地の20台駐車場完備(これは地元にはナイスでしょ?)
 
こちらは、申し込みしてください。 下吹越 090-6294-9195 まで。
posted by: tanechan | 公立図書館 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
谷山北公民館図書室
 書架表示上橋

谷山北公民館図書室を訪ねてきました。正確には、図書館の分館ではないのですが、市立図書館とネットワーク化され、3名の非常勤嘱託の司書さんが配置され、市内一の利用を誇っている図書室です。新しく作られる時から、地域の市民の意向をくみとり、すてきなレイアウトの図書室。さらに、配置された司書さんたちの献身的な仕事で、小さいながら使いやすい居心地のいい図書室になっています。しかし、鹿児島市教委の方針で、司書は5年で雇い留め。ここも、この春2人が交代します。残念。でも、最後にわかりやすい書架表示を手作りされています。






 
posted by: tanechan | 公立図書館 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿児島市立図書館の司書業務が民間委託へ
昨日、朝日新聞鹿児島版で、鹿児島市立図書館の開館時間が9時まで延長され、6300万円が計上されていることがわかりました。
このお金は、司書の業務(現在は非常勤嘱託)を民間企業に委託するというものです。
鹿児島市立図書館は交通不便な場所にあります。2時間延長で、利用者が増えることは、考えられません。

いろんな問題を抱える民間企業への委託はやめてほしいと市長への手紙を出すことにしました。
長くなりますが、掲載します。

鹿児島市長 森博幸様  

 鹿児島市立図書館嘱託職員民間委託についてのお願い

 日頃、鹿児島市立図書館、公民館図書室を大いに利用させていただいています。ことに谷山北公民館建設の折には、委員会を作って私たち市民の声を数回にわたり聞いてくださり、その意見が反映された図書室の誕生を本当に嬉しく思い、心から感謝しております。明るく使いやすい図書室、幼い子にも配慮した親子読書室、そして何より司書のいる図書室は、地域に愛され人々の交流が生まれ、新しいコミュニティの核となっています。
 市長の市民と協働の街づくりの姿勢を実感した者として、申し上げたいことがあります。...

 1、図書館の司書業務を民間企業に委託しないでください。
 平成26年6月より鹿児島市立図書館の嘱託職員が民間委託に移行される計画を知りました。
 嘱託職員が司書として担うカウンター業務は、とても重要な業務です。現在、市立図書館はその利用者の多さから、カウンター業務は煩雑さを極め、本の貸出し返却に追われています。そんな中で司書が、利用者の相談に応じ、求めている情報を的確に案内するのがレファレンス(相談業務)です。司書のレファレンスは、問題を抱えた市民の手助けになると同時に、司書が市民の課題に気付き図書館の蔵書を充実させていくことができます。図書館の蔵書は、こうして利用者が作っていくものなのです。直接市民の声を聞くレファレンス業務こそ、市民にとっても行政にとっても財産です。それを民間に委託するのは大変残念です。司書は、このレファレンス業務の他にも、障害者や高齢者、乳幼児と母親など、図書館利用に障害がある方たちへの支援、対応にも専門的な知識技術を持って対応し市民サービスにあたる必要があります。有能な司書も、市民にとって大きな財産なのです。
民間企業は直接的でないにしろ利潤を生み出すことを主たる目的にしています。長期にわたる市民のための図書館運営や蔵書管理、有能な司書の育成などは考えられません。県内外の他の図書館を見ても、民間委託された図書室の司書の労働条件は下がっています。不安定な雇用形態や労働条件は、司書の労働意欲に大きな影響を与えます。
 そして何より一度民間に手渡せば、行政内に図書館運営のノウハウが失われます。市の図書館についての政策立案力が弱まってしまいます。また特定の企業に委託することは、地域の活字文化を支えてきた地元書店の衰退にもつながることが危惧されます。

 2、図書館職員間の連携への支障
 図書館業務はチームワークを必要とします。嘱託職員を民間委託すると、図書館の中で雇用先の異なる職員が働くことになります。市の職員が、委託職員へ直接指示すると偽装請負となるため、お互い関わりにくくなることが予想されます。市民の声も届けにくくなります。また市立図書館と公民館図書室との連携、学校図書館への支援は充分行えるでしょうか。公務員のように守秘義務罰則規定のない民間企業が、図書館利用者の個人情報をきちんと守ってくれるでしょうか。

 3.時間延長の問題点
民間に委託することで、午後9時まで開館時間を延長すると聞きました。現在、9時まで開館している館が県内にありますが、貸し出しなどの実績はそれほど上がっていません。また青少年健全育成や利用者の危機管理などでも問題を抱えていると聞いています。2006年に鹿児島市立図書館の開館時間が19時まで延長された折、当時の図書館長は「夜になるともよりのバスの便が減り、暗くて人通りも淋しくなる立地を考慮して、さらなる延長は見合わせた」と発言しています(南日本新聞2006年3月18日)。この交通不便な立地条件が変わらないなかでの時間延長は、図書館を利用する市民にとっても、働く司書にとっても、問題を残すのではないでしょうか。また、光熱費などの費用もかさみ、利用者増加との費用対効果の面での調査や検討はなされたのでしょうか。6300万円の予算を組めるなら、時間延長より利便性のいい場所(たとえばキヤンセなど)に図書館サービスの拠点を作る方が、市民にとっては有効かと思われます。

4.安定的、継続的図書館運営を行うために
 今回嘱託職員の民間委託が考えられた要因に、現在嘱託職員が担っている仕事があまりにも軽視されていることがあると思われます。煩雑さに追われ、本来司書が行うレファレンス(相談業務)がほとんど行えない現状も問題です。
 本来の図書館サービスを行うには、あまりにも人手不足と思われます。また正規職員は行政職員も教員籍も異動があり、長期的な図書館運営を行えません。また専門職(司書)が正規職員に居ない時があるのも問題です。司書資格を持った正規職員をぜひ置いて下さい。そして、司書資格を持ち、日々仕事に励む嘱託職員を専門職として大切に育てていくことを考えていただきたいと思います。
 市長もご存知のように、谷山北公民館に続き平成21年度より公民館図書室に司書が配置され、施設の古い図書室でも利用者数が増え貸出し冊数が本館を上回りました。数字の上で公民館司書たちの力が示されたにもかかわらず、公民館司書の5年雇い止めで、平成21年採用の司書が大量にやめざるを得ませんでした。やる気があり絶えず最新の知識を自腹で学んでいた司書たちが図書室を去らざるを得なかった事は、私たち市民の財産が行政により奪われた思いでいます。せめて相互間移動や学校図書館司書、市立図書館の嘱託と同じ10年働けるようにして欲しいです。
5.鹿児島市立図書館の使命について
図書館は生涯学習の拠点であり、自立した市民を育てる場所です。鹿児島市には様々な施設の経費削減という課題があるとは思いますが、図書館は効率では図れない役割を持っています。首長が強いリーダーシップで図書館を重視した鳥取県、伊万里市など素晴らしい図書館があります。鹿児島市立図書館もそれに負けない図書館になれると思います。森市長のこれまでの市政を見てきたからです。
 図書館の指定者管理への移行は各地でありますが、一方、一度指定者管理になり、また直営に戻っている図書館もあります。<安来市立図書館(島根県)佐賀市立東与賀図書館(佐賀県)出雲市立大社図書館(島根県)出雲市立平田図書館(島根県)飯島町図書館(長野県)善通寺市立図書館(香川県)小郡市立図書館(福岡県)>
 その理由は、直営のほうが、市の行政とスムースに連携がとれて、住民サービスが充実し、経費もかからなかったからだといいます
 公共図書館はすべての住民に「知る」「学ぶ」「読む」権利を保障する施設であり、情報格差・教育格差を解消して誰もが豊かに生きる社会を作るのに重要な役割を果たします。私たちは皆、公共図書館の支えを必要としています。
 森市長のご英断により市立図書館が守られ、さらに発展することを期待いたします。

                         鹿児島市立図書館に期待する会


(もし、共感していただけるのなら、みなさんも、何らかの意思表示をしていただけませんでしょうか)

 
posted by: tanechan | 公立図書館 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
指宿図書館にミニチュア司書登場
指宿図書館の読書週間の展示。とてもステキでしょ。よく見たら、小さなミニチュアの司書さんが、それぞれの本を紹介しているんです。このセンス、いいなあ。このアイディア、学校だったら、校長先生とか図書委員さんとかの写真入りでもOKかもとFBで評判になっています。そういえば、大学図書館でもいけますね。
詳しくは、「てくてくライブラリアン」
http://soramameibusuki.blog.ocn.ne.jp/librarian/2013/10/1027119_e6ce.html
 
posted by: tanechan | 公立図書館 | 09:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
指宿図書館(NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」)で司書募集(ハローワーク情報)
求人番号
46120-00021738
求人情報の種類
学生
印刷日
平成25年10月28日
事業所名
特定非営利活動法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」
電話番号
0993-23-2827
FAX番号
0993-23-2841
所在地
〒891-0403  鹿児島県指宿市十二町2190
事業内容
図書館の管理運営
職種
司書
就業形態
産業
サービス業(他に分類されないものうち他に分類されない非営利的団体
雇用形態
正社員以外
雇用期間
平成26年4月1日〜平成27年3月31日 契約更新の可能性の有無 あり(原則更新)
就業時間 変形 1ヶ月単位 (1)08:30〜17:00 (2)10:30〜19:00  
休憩時間
60分
時間外
あり 月平均24時間
賃金
区分\学歴
大学院
大学
短大
高専
専修学校
能開校
賃金形態
日給月給
日給月給
日給月給
基本給
149,500円
149,500円
149,500円
司書手当
5,000円
5,000円
5,000円
手当
手当
手当
手当
計(税込)
154,500円
154,500円
154,500円
賞与
なし
休日
他 
入居可能住宅
年間休日数
110日
週休二日
毎週/シフト制
育児休業取得実績
あり
就業場所
鹿児島県指宿市
従業員数
企業全体:13人 うち就業場所:8人 うち男性:0人 うち女性:8人 
求人数
1人
加入保険
雇用 労災 健康 厚生 
定年制
なし
再雇用
なし
通勤手当 実費支給 上限あり 月額:11,300円まで  マイカー通勤
転勤
あり
仕事の内容
○図書館窓口業務(レファレンス対応・本の貸出返却等)  ○選書   ○本の受け入れ  ○装備   ○管理  ○廃棄手続き等 司書としての一通りの業務  ○小学校・幼稚園・保育園・地区公民館への配本(公用車使用)
学歴
短大(卒業見込み)以上
必要な免許・資格
○司書(取得見込み可)  ○普通自動車免許(AT限定可) 
求人条件にかかる
特記事項
○一般労働者の昨年実績:       賞与 年2回(夏1.4月分・冬1.6月分)         昇給 年1回 ※30歳以下(平成26年4月1日時点)の方のみ応募可(長期  勤務によるキャリア形成を図る観点から若年者を募集採用) ○指定管理者としての業務委託の任期が、平成27年3月までになっています。平成26年夏の公募に際し、また、申請する予定ですが、確約はありません。それでも構わないと思われる方は応募ください。また、山川図書館は、文化施設の委託も受けており、会場の使用時間に応じては、夜10時までの勤務になる事もあります。図書館は、土・日・開館、祝日開館もあり、必ずしも週末休みにはならず、勤務時間も不規則である事を了承下さい。 ○入社前に、研修の予定があります(日程については相談可能)
補足事項
○図書館は、サービス業であり、まず人と接する事が好きな人が好ましいです。また、業務は、チームワークを必要としており、他の職員との調和の取れる方を望みます。 ○乳児から高齢者まで、幅広い利用者に対して、柔和に平等に  接する事が出来る方を望みます。 ○筆記試験について  ・作文は関係書類と一緒に事前提出になります。  ・400字詰め原稿用紙1枚に「私の理想とする司書像」と題してお書き下さい。 【既卒者の応募方法】  履歴書(写真貼付)・成績証明書・資格証(司書)のコピー・  作文・ハローワークの紹介状を所在地へ郵送して下さい ○書類選考後、合格者には面接日時を改めて連絡します。
受理日
平成25年10月18日
有効期限日
平成26年3月31日
受理安定所
指宿公共職業安定所
続きを読む >>
posted by: tanechan | 公立図書館 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
谷川俊太郎さん、講演会イン湧水
紹介します。



10月19日、くりの図書館で、詩人で絵本作家の谷川俊太郎さんと息子さんの賢作さんが主宰されている音楽ユニットDiVAのコンサートが開かれました。くりの図書館は開館以来、夏休みに絵本原画展を開いて、絵本作家を招いての講演会を行っていましたが、今年はどうしても谷川さんにおいでいただきたいと、気候のいい秋の開催になりました。当日会場の町民ホールはぎっしり満員。賢作さんたちの演奏と谷川さんの朗読に耳を傾けました。
町内の子どもたちの「生きる」の詩の群読(かごしま弁バージョンも)、町内の子どもたちから募集した詩を谷川さんが選んで谷川さんの前で本人が朗読するという参加型のプログラム。せっかく、谷川さんがいらしていただけるのだから、湧水町の子どもたちが谷川さんの世界を楽しめるようにと、各学校の先生方や司書さんも工夫した取り組みをしていただきました。なかでも、主催者のくりの図書館スタッフは、連日よなべ仕事で頑張ったそうです。みごとな設営に、賢作さんが、たいへん驚かれたとか。写真で、ほんの一端を紹介します。なお、この展示は23日まで町民ホール(図書館となり)でやっています。楽しい詩がたくさん展示されていて、谷川ワールドを楽しめますよ。kurinokurinokurinotanikawa
posted by: tanechan | 公立図書館 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
武田上公民館図書室で司書を募集しているそうです。
 ちょっと不便な場所ですが、12月から勤務できる司書を募集しているそうです。

鹿児島市内の公民館図書室司書は、非常勤嘱託扱いです。

みなさん、とても熱心で、自主的な学習会もされています。

ハローワークと各公民館に募集要項が出ているそうです。

受験してみようかなという方はお急ぎください。
posted by: tanechan | 公立図書館 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
変わる知の拠点  東京新聞に連載の記事がネットで読めます
司書講習中に取材があって、9月に東京新聞に掲載された指宿図書館館長下吹越さんの記事を含む連載がネットでよめるようになったそうです。

変わる知の拠点 記事一覧

アドレスはこちら

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/chinokyoten/list/

---

【特集・連載】

変わる知の拠点の記事一覧

<第3部>揺らぐ司書像(4) 正規職員(2013917日)写真付き記事

<第3部>揺らぐ司書像(3) レファレンスとコンシェルジュ(2013917

日)写真付き記事

<第3部>揺らぐ司書像(2) 非正規職員(2013917日)写真付き記事

<第3部>揺らぐ司書像(1) 資格は必要?(2013917日)写真付き記事

<第2部>「民」がつくる図書館(4) 雑誌スポンサー制度(2013917

日)写真付き記事

<第2部>「民」がつくる図書館(3) 全国の蔵書 一挙検索「カーリル」

2013917日)写真付き記事

<第2部>「民」がつくる図書館(2) 県立館統合の動き(2013917日)

写真付き記事

<第2部>「民」がつくる図書館(1) 人が集まる民間図書館(2013917

日)写真付き記事

図書館は今(5) 「来ない人」に向けて(2013917日)写真付き記事

図書館は今(4) 震災を見つめる(2013917日)写真付き記事

図書館は今(3) 新刊どう選ぶ(2013917日)写真付き記事

図書館は今(2) 電子図書館の可能性(2013917日)写真付き記事

図書館は今(1) 孤読から共読へ(2013917日)写真付き記事

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/chinokyoten/list/


われらが、SHIMO館長は、「<第3部>揺らぐ司書像(1) 資格は必要?」の回にバッチリ出ています。

元保育士のSHIMOさんを図書館業界にひきずりこんだのは、だれあろう、ワタクシです。

しかし、その年わが国際大学の司書講習は開催年ではなく(隔年開催です)彼女は鹿児島大学の司書教諭講習を受けて、公共図書館の世界に踏み出しました。ようやく、7年目の今年、講習を受けられたのです。「なんで今更」といろんなところから、言われたそうですが、その答えがこの記事です。

これで、やっと鹿児島県内の司書館長は、4名かな。
阿久根、徳之島、山川、指宿。(出水市も実質指定管理の館を運営している責任者は、司書有資格者です)あれれ、全部指定管理の図書館じゃないか・・・。

他の記事も、読み応えがあります。
東京新聞ですが、全国に取材して、全国誌なみのスケールの記事が満載です。ネットで読めるのは、ほんとうにありがたいです。
posted by: tanechan | 公立図書館 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
司書講習、久川先生の講義大好評でした!
 ただいま、司書講習中。9日と10日は、山川図書館長久川さんに「児童サービス特論」を担当してもらいました。

9日は
(午前中) パワーポーンとを使っての小学校司書時代の図書館改装から山川図書館での実践紹介...
(午後)  実技→ドリルを使っての穴あけ 糸とじ 大きなポスターへのフィルムコートかけ

10日
(午前中) 調べ学習 本の成り立ち 目次 索引 百科事典の使い方 分類 テーマの決め方  ギャラリートークの報告もしました!!
(午後) アニマシオン 

最後の30分は 久川さんの実演タイム(^v^)
紙芝居 こままわし ぶんぶんごまで新聞紙を切る おすすめの本の紹介 小道具作り ・・・

私は、このうち9日午後の実習に参加しました。

25名の参加者は熱心に(かつ楽しそうに)無線とじの本に電動ドリルで穴
をあけ、糸とじをやって、ブックコートフィルムをかけたり、大型ポスターにプラスティック段ボールにで裏打ちして、フイルムをかけていました。今回初めての試みでした。全国でもここだけですね。こんなことできるのは。

ドリルドリルで穴開け糸綴じ糸綴じ

ブッカーかけブッカーかけ自由宣言

大型ポスターにも裏打ちして、フィルムをかけました。
自由宣言もこれなら色あせない。

Hisa先生、準備大変だったでしょ
う。ありがとうございます。公用車に荷物をいっぱい積みこんでおいでいただきました。受講生のみなさんには、大好評でした。
posted by: tanechan | 公立図書館 | 18:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
13日の金曜日、指宿図書館でなにかがおこる!


 私には申し込み資格がないけど、遊び心があって、おもしろそうなので、紹介します。こういう企画、すぐのってくれるスタッフがいる図書館いいなあ。今回は、わが大学で司書講習を受けている受講生有志が賛助出演するらしいですよ。

kouhou
このお方は、館長室の窓辺で広報係を務めておいでだそうです。


図書館 ミステリー ツアー 開催

< 9月13日(金)19時30分から 指宿図書館にて 要申込 >

  指宿図書館では、次の日程で 「よるの おはなし会」を 行います。
  ( 今回は、事前の申し込みが必要です)
  
  ■日時:平成25年9月13日(金)19:30〜21:00
   ※おはなし会 終了後、「図書館ミステリーツアー」を行います。
  ■場所:指宿図書館
  ■対象:小学生と その保護者
  ■定員:15名

  ※事前に申し込みが必要です。窓口か電話で申し込んでください。
  ※申し込み・お問い合わせ:指宿図書館(0993-23-2827)

くわしくは、てくてくライブラリアン


posted by: tanechan | 公立図書館 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) |