Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
山川図書館で司書学びの会
平成26年度も司書まなびの会を計画しております。
本年度第1回目は
4月19日(土)
10時〜12時
場所:山川図書館 
内容:「情報検索」

どなたでも参加可能です!!
参加希望される方はメッセージください!(^^)!

だそうです。

山川図書館は、

〒891-0516 指宿市山川成川2685

TEL:0993-35-3300
FAX:0993-35-3300
http://www.minc.ne.jp/ibusukilib/
 


  

 
posted by: tanechan | 学校図書館 | 14:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
ある高校図書館のブログがなくなりそう
以前LRG(ライブラリーリソースガイド)という雑誌の第4号「図書館100連発2」で紹介されたA高校図書館司書の魔法つかいさんがつくっていたブログを転勤を機に閉鎖されるとか!惜しい。

展示や配架などそれは素敵なブログです。アドレスは、http://sisyodeikiru.jugem.jp/

ぜひ今のうちに訪問してみてください。なお、LRGの
記事は、自分の高校図書館100連発を生徒といっしょに作成したというものです。編集担当の方が絶賛していました。
posted by: tanechan | 学校図書館 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
川辺高校で司書募集しています
求人番号
46050-01057841
求人情報の種類
一般(パート)
事業所名
鹿児島県立 川辺高等学校
所在地
〒897-0221
鹿児島県南九州市川辺町田部田4150番地
電話番号
0993-56-1151
FAX番号
0993-56-1152
事業内容
高等学校教育
職種
学校図書補助員
雇用形態
パート労働者
産業
教育,学習支援業のうち高等学校,中等教育学校
就業形態
パート
雇用期間
雇用期間の定めあり(4ヶ月以上)
平成26年4月1日〜平成27年3月31日
契約更新の可能性の有無
あり
年齢
不問
年齢制限の理由
年齢制限禁止について
就業時間
1)09:30〜16:45
休憩時間
45分
時間外
なし
週所定労働日数
週5日以内
賃金
賃金形態
月給
164,160円〜164,160円
 
a 基本給(月額平均)又は時間額
1,262円〜1,262円
 
b 定額的に支払われる手当
 
a + b
1,262円〜1,262円
賞与
なし
休日
土 日 祝 他 
週休二日
毎週
月20日勤務
学校行事に伴い土日祝日の勤務振替がある場合がある。
年末年始休暇(12/29〜1/3)
年間休日数
育児休業取得実績
なし
利用可能な託児所 なし
就業場所
鹿児島県南九州市
転勤
なし
従業員数
企業全体:40人 うち就業場所:40人 うち女性:14人 うちパート:4人
加入保険
雇用 労災 健康 厚生 
定年制
なし
再雇用
なし
入居可能住宅
マイカー通勤
通勤手当 支給なし    
採用人数
1人
仕事の内容
○図書の出納(整理)に関すること
○図書の分類、配列に関すること
○図書の貸出しに関すること
○図書の整備修理に関すること
○図書の調査、統計資料に関すること
○生徒図書委員会に関すること
○図書館運営委員会に関すること
○その他、学校の長が必要と認めた業務
学歴
不問
必要な経験等
パソコン操作(エクセル・ワードで文書作成)ができること
学校図書館システムりいぶる使用
必要な免許・資格
司書免許
求人条件にかかる特記事項
*平成26年4月1日給与改定の場合もあります。
備考
※事前に応募書類(ハローワーク紹介状・履歴書)を所在 地まで持参、又は送付下さい。書類選考の上、後日面接 日時等を連絡いたします。

*職場内、禁煙。
受理日
平成26年3月24日
有効期限日
平成26年5月31日
受理安定所 加世田公共職業安定所
posted by: tanechan | 学校図書館 | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
I小学校図書館見学してきました
zenkeiスイミー講演に行った小学校図書室を見学させてもらいました。とても素敵だったので、その一部分を紹介します。上の写真は、カウンターから見た部屋。次は、創立20周年に全員でつくったスイミーだそうです。その次の3枚は、赤木かんこさんのサインを使ったコーナー。


tanobakeunti
「先生のすすめるコーナー」、次はリクエストボックス
senseifasenseirikuesuto

下の写真左は、どうぞの椅子、椅子の上のおすすめの本を読んだ人が次の本をすすめるのだとか、なんだかおもしろい試みです。

次は、本の福袋。本の書き出しだけで,開けてみるまで署名はわかりません。そして書架の上のトーマスは子どもたちの作品で

す。douzoisikidai1機関車
posted by: tanechan | 学校図書館 | 16:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
学校図書館司書、これくらいは
職種 (契約)図書館司書
就業形態 一般(正社員)
就業場所 石川県かほく市
賃金額 172,200円
業務の内容 小中学校図書室の司書業務(更新の可能性あり。)
必要な資格、能力、経験等 資格:図書館司書(平成26年3月取得見込みでも可)
年齢不問 
労働契約期間 臨時(4ヶ月以上)(平成26年4月1日〜平成27年3月31日)
採用人数 1人
就業時刻等 1. 08:00〜16:45
休日 土日祝他 週休二日:毎週 
社会労働保険 雇用 労災 健康 厚生

 しごと情報ネットを検索していたら、こんな情報を見つけました。非正規だけど、小学校の図書館司書にこれだけの待遇。子どもたちのためにいい仕事をしてほしいという意気込みを感じます。これなら、熱心な司書さんが集まるでしょうね。地方でもこれだけやっているのだから、全国の地方自治体に見習って欲しい。(もちろん、わが鹿児島市も)


posted by: tanechan | 学校図書館 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
はだしのゲンと学校図書館の自由
 

学習会の案内をいただきました。たらみ図書館はとても魅力的なところです。


日本図書館協会

学校図書館基礎講座in九州
 

雇用のかたちや仕事の内容を問わず、学校図書館で働く人、学校図書館に

関心を持つすべての人たちのための講座です。

「図書館の自由」から考える学校図書館の役割について、一緒に考えてみませんか。どうぞ気軽にご参加ください。

 

日  時: 1110日(日)1330分〜1640分 (交流会を含む)

場  所: 諫早市立たらみ図書館   (JR長崎本線喜々津駅下車徒歩15分)

       TEL0957-43-4611 / FAX0957-43-4623

       

内  容: 「図書館の自由」から考える学校図書館の役割

―はだしのゲン問題をどう考えるか?子どもの読書の秘密をどう守るか?

 

講  師:  山口真也 氏 (沖縄国際大学教授)

対  象:  学校図書館職員の方、学校図書館に関心のあるすべての方

資料費 :  500円     事前申し込みは不要 

 

主  催:日本図書館協会「図書館基礎講座」九州地区実行委員会

後  援:学校図書館問題研究会

問い合わせ先 :日本図書館協会企画調査部 菊池

Emailkikaku@jla.or.jp
TEL
03-3523-0815 FAX03-3523-0841

posted by: tanechan | 学校図書館 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
「はだしのゲン」新聞記事紹介します
 図書館問題研究会MLで、新聞記事をまとめて紹介してくださる方がいます。自分で集めたものではないので恐縮ですが、地元でも、学校図書館に「はだしのゲン」の所蔵調査があるとの情報もあり、判断の材料として掲載しました。

 鳥取市立図書館でも、閲覧制限をしていたなんて、ショックです。本来ならこの時期、書庫から出してテーマ展示してほしいぐらいなのに。 

 記事の番号は、便宜上私がつけたものですが、中国新聞の精力的な取材がありがたい。4の閲覧制限は、市教委事務局で判断したもので、正式の教育委員会で議論されたものではなかった、6の閲覧制限撤回を視野に委員会で再検討の記事は、全国紙ではまだ報道されていないからです。

 気になったのは、7の記事、実際は、閲覧制限要請を受け入れなかった学校もあったというのに、学校司書の間から「扱いを統一してほしい」と声があがった、という箇所です。事実だとしたら、とても残念です。たとえ、教育委員会から要請があったとしても、学校により判断が分かれるのが当然のことです。ただし、市教委への取材ですから、学校司書からの声を受け入れて云々は、信頼のおける情報なのかどうかは、疑問ですが・・・。

1.はだしのゲン、鳥取でも閲覧制限 図書館の事務室に移す

http://www.asahi.com/national/update/0820/OSK201308200022.html

 

2.はだしのゲン:鳥取市立中央図書館でも事務室に別置き

http://mainichi.jp/select/news/m20130820k0000m040028000c.html

 

3.はだしのゲン閲覧制限:教育研究全国集会で批判相次ぐ

全日本教職員組合(全教)主催

http://mainichi.jp/select/news/20130818k0000m040114000c.html

 

 

4.市教委事務局独断で閲覧制限

松江

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308200054.html

 

5.他市町村は「ゲン」閲覧可能

広島、山口、島根

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308200051.html

 

6.「はだしのゲン」閲覧制限を再検討=撤回を視野−松江市教委

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013082000203

 

7.「ゲン」閲覧制限を2度要請

複数校が要請を受け入れなかった

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308200055.html

8.「ゲン」に大半の校長が高評価 松江市、「悲惨さ伝わる」

松江

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-211344-storytopic-1.html

 

9.はだしのゲン:松江市教委の閲覧制限 閲覧自由に 署名1万5000人超

http://mainichi.jp/feature/news/20130821ddm041100091000c.html

 

10.【社説】

はだしのゲン 彼に平和を教わった

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013082102000169.html

 

11.はだしのゲン閲覧制限 「読書の自由こどもに」県内、広島から批判の声

http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/08/21/07.html

 

12.
はだしのゲン「閉架」再協議へ

22日、閲覧制限の是非をめぐり、会議を開く。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20130821-1176465.html

posted by: tanechan | 学校図書館 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
『はだしのゲン』と図書館の自由
 

 しばらく、ご無沙汰でした。以前に書いた鹿児島市の学校司書、短大卒業生が採用されました。1年間ですが、念願の学校司書になれてよかったね。おめでとうYさん。

 ところで、17日まで司書講習で「図書館サービス概論」を担当していました。丁度、図書館の自由について取り上げていたとき、「はだしのゲン」の松江市の学校図書館での閲覧制限事件が報じられました。

 私の準備不足で、講習ではこの件で深い論議ができませんでした。

 松江市は、いまや学校図書館先進地で、図書館活用教育が注目されています。(私もしばしば講義で紹介しています)

 しかし、今回の処置は、学校図書館関係者の間どころか、公開の教育委員会にも諮らず、一部の教育委員会関係者で決められ、現場に通達されたという情報もあります。(中国新聞http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201308200054.html

 あれだけ先進的な図書館教育を推し進めている松江市です。学校現場で、子どもたちに直接接している教師や学校図書館司書を含めてきちんと議論されていたら、こんな一方的な処置にはならなかったはずです。

 この「はだしのゲン」、個人的にも思い入れが深いです。出会ったのは、単行本になってからですが、学校図書館の本がなかなか借りられない小学生だった息子たちにねだられるままに、自分でも思い切って10巻購入して、息子たちと競い合って読みました。当時は、とくに「描写が過激だ」と感じませんでした。子どもたちも、そんな場面は意に介さず、過酷な運命にもたくましく立ち向かうゲンの姿に共鳴して、なんども読み返していたのだと思います。

 本日(20日)の朝日新聞社説http://www.asahi.com/paper/editorial.htmlでははだしのゲン―閲覧制限はすぐ撤回を」と題し

「旧日本軍の行為や天皇の戦争責任をめぐっては今もさまざまな見方があり、「ゲン」に投影された中沢さんの歴史観にも議論はありえるだろう。

 それこそ、「ゲン」を題材に、子どもと大人が意見を交わし、一緒に考えていけばいい。最初から目をそらす必要はどこにもない。 」と結んでいます。

 
 
 この考え方に賛成です。

 実際に松江市教育委員会にも、閲覧制限をやめるよう要請している方もすくなくないようです。ネットでの署名を呼び掛ける動きもあります。3日間で12000人の署名があつまったようです。(私も署名しました)

 
 松江市教育委員会も、改めて議論し、学校現場にも議論を呼びかけていただきたいです。

 全国の関係者の間でも、この報道を契機に、子どもたちの知る権利を保障するために、
学校図書館と図書館の自由の問題を考えていかないといけませんね。

 

 

posted by: tanechan | 学校図書館 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿児島市内学校司書求人のお知らせ
友人が教えてくれた情報です。今回は産休育休の代替みたいです。しかし、最初これで経験すると、その後につながるケース多いですよ。今年春は、面接でブックトークがありました。

 学校図書館司書[鹿児島市内]     
                                                                                                                                                                                                      
ハローワーク 求人番号 46010-15915831

求人情報の種類  一般(パート) 

職種  (臨)学校図書館司書[鹿児島市内]

雇用形態 パート労働者 

雇用期間

雇用期間の定めあり(4ヶ月以上)
平成25年8月22日~平成26年9月30日
契約更新の可能性の有無  なし

年齢  不問 

 就業時間 08:15~16:45の間の7時間程度

休憩時間 45分

時間外 なし

週所定労働日数  週5日程度

賃金  賃金形態  月給 163,000円~163,000円 

賞与 あり 前年度実績 年2回 又は 0万円~4万円

休日  土 日 祝 他  週休二日  

育児休業取得実績 あり

就業場所  鹿児島県鹿児島市

転勤 なし 

加入保険 雇用 労災 健康 厚生

定年制 なし

再雇用 なし 

通勤手当  支給なし

採用人数 1人

仕事の内容・
学校図書館に関する管理、事務、児童の読書指導補佐に関する業務
  • 勤務時間:8:15~16:45の間で実働6時間45分
週当たり 33時間45分勤務
(時間帯は配置校の時間割等により決定)
雇用期間:平成25年8月22日~26年9月30日(産前産後休暇・育児休業代替職員のため、状況によって雇用期間の変更あり) 

学歴  不問

必要な経験等  不問

必要な免許・資格  司書教諭、司書のうちいずれか

求人条件にかかる特記事項

応募方法 履歴書(写真貼付)、職務経歴書及び紹介状を所在地【学 校教育課】へ送付してください。書類選考後、面接日等を 連絡します。面接日:8月13日(火)午後の予定
(書類選考結果については書類到着後3日程度で通知) 書類必着:8月7日(水)採否通知:8月14日(水)

【紹介人数は5名迄】

受理日  平成25年8月2日
posted by: tanechan | 学校図書館 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
朗報です!!!鹿児島でも司書採用試験があります。
 

やっと、鹿児島県で4年ぶりの採用試験です。素直にうれしい。司書課程履修中でも、来年3月までに取得予定なら、大丈夫。この夏の司書講習受講予定でも受験資格はあります。

平成26年度鹿児島県立高等学校等事務職員(図書館担当)選考試験要項

1趣旨

この試験は,鹿児島県立高等学校等の事務職員(図書館担当)採用の選考資料とするために行います。

2受験資格

次の各号のすべてに該当する者が受験できます。
(1)司書資格を有する者又は平成26年3月31日までに取得見込みの者
(2)昭和54年4月2日以降に生まれた者
(3)日本国籍を有する者
(4)地方公務員法第16条の欠格条項に該当しない者
(5)県内どこにでも赴任できる者

3採用予定者数

若干名

4試験日程等

平成26年度選考試験は,次の日程で行います。
1次試験:平成25年7月21日(日曜日)

posted by: tanechan | 学校図書館 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |