Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
かえるの学校行って来たよ。
 ゼミ生のひとりが卒論でグリーンツーリズムをやっているので、2年生有志で、指宿にあるアグリスタイル主催の「かえるの学校」に体験に出かけました。

ここは、

 オクラ、ソラマメ栽培を中心に、地産地消や子供たちへの食育に力を入れている農業法人。

野菜は栽培だけでなく、加工、流通、販売までを一貫して行っています。

子どもたちが、農業ってかっこいい、と感じてもらえるように、食糧基地である鹿児島の大地「指宿」から新しい農業のスタイルを発信しているところです。

以前指宿図書館ブログでスタッフたちが研修に出かけたのを見て、いつか行きたいなと思っていたのが、ゼミ生の卒論にかこつけて、ようやく実現しました。

kaeru
カエルの学校の手づくり看板が出迎えてくれます。

yasai

野菜をたっぷり収穫して

piza

おいしいピザのできあがり

yagineko

ピザが焼きあがるまで、動物たちと遊んで・・・ほかにうさぎもいます。
tizu

 指宿小学校交差点からすぐ。指宿の地元の子どもたちだけでなく、修学旅行の子どもたちがやってくるケースが増えているそうです。

 土にふれあう機会の少ない子どもたち(東京に住むわが孫たちもそうだが)に、もっとこういうところで、豊かな自然とのふれあいを体験して欲しいな。

 社長の湯の口さんは団塊ジュニア世代。今年40歳。自分のお子さんがアトピーだったことから、奥様の実家で農業を始められたとか。子どもたちの幼稚園や小学校へ出前食育授業をしているうちに、地元の子どもでも畑で野菜を育てる経験や、自分で調理をすることも少ないことに気づき、農業法人に食育体験部門(グリーンツーリズム)を付け加えていったのだという。

 子どもたちに教えこむ場ではなく、子どもたち自身が体験を通じて、学ぶ場を提供しているのだそうです。

 湯の口さん自らの体験を通じた生き方論=自ら学びとることの大事さは、学生たちの胸に響いたようです。行って、よかったね。みんな。

なお、私たちが行った前日は,
Joy Link
という指宿のこだわりの仲間たちで、月1度の楽しいイベントがあったらしい。

これは、家族でも個人でも参加できるそうです。

いちど行ってみたいが、それなりの人数を集められない方におすすめです。

イベントの様子はこちらから。http://joylink-ibusuki.com/jarticle/2274/

かわいい子ブタが来てくれたり、指宿図書館から読み聞かせもあるんですって。



 




 

posted by: tanechan | ゼミ生 | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゼミ光景が、大学のトップページに
 ゼミの光景が大学のトップページに登場しました。

全部で4枚ありますが、研究室でお話会の練習中のもの。みんなに手遊びを教えているふたりは、すでに社会人。司書にはならなかったけど、いつかこういうスキルを生かしてくれるでしょう。

ちなみに、よろいをつけているのは、国際文化学部の古典文学ゼミ。
よろい姿のりりしい若武者は、この春から高校の司書です。

もうひとつ、短大情報文化学科のトップページに登場しているふたりもゼミ生です。
このうちのひとりは、めでたくほんものの司書になりました。


posted by: tanechan | ゼミ生 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
東日本大震災に遭遇したゼミ生
hiroba
ゼミ生のひとりが、仙台旅行中にあの大震災を体験しました。宮崎県出身ですが、高校を仙台で過ごした佐藤さんです。
道路を歩いていて、となりの建物が音をたてて崩れていく恐怖を味わったそうです。
いろんな人の助けをもらって、避難所で数日過ごして、4日目になんとか 九州に帰ってくることができたそうです。
見知らぬ人から受けた温かい心遣い、命があることへの感謝をつづった投稿です。ぜひ、お読みください。
posted by: tanechan | ゼミ生 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゼミ対抗プレゼンで優勝しました

patapata

zemi1zemi2


taitoru
今年も優勝してしまいました。写真は、冒頭のパタパタ自己紹介。
テーマは、グリム童話をベースにした創作物語「おおかみとゆかいななかまたち」。

すべて手作りのスライド、シナリオもオリジナル、それはみごと!でした。

posted by: tanechan | ゼミ生 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゼミ別プレゼンテーション&卒論発表会
17日は、1〜2年生合同ゼミ。ハーモニーのシホンケーキをつまみながら、2年生は1年生に卒論発表。1年生は、5限目に発表予定のゼミ別プレゼンテーションのリハーサルを2年生に観てもらいました。
卒論を書き終えた2年生の発表は、さすがに堂々としたものです。これなら、2月4日に予定されている卒論面接ものりきれるでしょう。

1年生の発表は、かなり斬新なプレゼンでした。
タイトルは「ブレーメンのおんがくたいリターンズ」
ブレーメンの音楽隊の子孫たちが、一路ブレーメンを目指します。この場面はすべて創作。脚本担当苦心の作で、PCのスライドをバックに人形を使って、話をすすめます。
最後、ブレーメンに到着したメンバーは、おまつりに加わり、ダンスを披露します。
この場面もPC場面をバックに実際に全員で踊りました。指導は幼児体操をやっているパッションです。練習不足であまり揃ってなかったけど、みんな楽しんでくれたから、よしとしましょう。
da


posted by: tanechan | ゼミ生 | 15:41 | comments(0) | - |
子どもまつり
今年も子どもまつり、頑張りました。
ゼミ担が風邪をひいてダウン。
急遽、SOSを出して、2年生にも応援に来てもらいました。(ごめんね)
おりぞめも、プルタブへびづくりも大盛況でした。

ou
posted by: tanechan | ゼミ生 | 15:08 | comments(0) | - |
学生論文表彰式
またもや、ゼミ生が快挙
h


 学生論文の募集で、ゼミ生が1位と3位をゲットしました。
賞状を持っている2人です。拍手拍手拍手

 1位は一年生の真美さん「今を生きる」(今年はこれが課題でした)論文全文はこちら
 3位が2年生の綾さん 「医療における図書の役割」(自由テーマ)を考察したもの。論文はこちら 
 すごいでしょ。



写真に写っているのはみんな短大の学生で、入選した人ばかり。
1年生で10枚もの論文を書ける力を備えているってことがすばらしい。(自画自賛)下の写真は討論風景。スピーチしているのも短大の学生です。

s

s






posted by: tanechan | ゼミ生 | 15:00 | comments(0) | - |
ゼミコンパ
5月10日、ゼミのコンパをしました。
ひとり熱を出して欠席でしたが、後は全員出席。今年は1年生の元気さに2年生の方がタジタジ。
konpa1

konpa2

3

4
posted by: tanechan | ゼミ生 | 12:02 | comments(0) | - |
初めてのゼミ
本日は新年度初めてのゼミ。
今年はかろうじて桜が残っていたので、花吹雪のなか、お花見ゼミをした。
もちろん、ちゃんと予定したオリエンテーションをやりましたよ。
zemi
posted by: tanechan | ゼミ生 | 18:14 | comments(0) | - |