Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ひろがる「いのちの授業」
かごしま緩和ケアネットワークの講演会に久々に参加しました。

一般にも公開された講演会は、「親ががんになった子どものケア〜
がんとどのように伝え、子どもの悲しみにどのように寄り添うか」
講師:大沢 かおり
(東京共済病院がん相談支援センター医療ソーシャルワーカー・Hope Treehttp://www.hope-tree.jp/代表) でした。

 親のガンを子どもに伝える、難しいことだけど、きちんと子どもを信頼してあげる方がいいみたいです。詳しくは、Hope Treeのサイトでみていただくか、子どもたちに伝える際のアドバイスをもりこんだパンフレットがあります。こういうのが、病院だけでなく、公共図書館あたりにおいてあると、必要な方が必要とするときに、手にできますね。

 私ががんになった時、子どもは大学生と高校生でした。夫から伝えてもらって、さほど、自分自身で悩むことはなかったのですが(というか、私自身より、先に子どもには伝わっていた)、現在は、乳がんなど、30代〜40代でがんになるケースも多く、幼児や小学生の子どもがいる事例が増加しているそうです。


 もう10年以上前のこと、いのちの授業に取り組んだ大分の養護教諭、山田泉さん(山ちゃん)が乳がんと診断されたとき、娘のMさんは、小学6年生。「お母さん、がんやった」診断を受けた日に娘に告げた山ちゃん。「お母さん、死ぬん?」Mさんが聞いたそうです。みなさんだったら、どう答えますか?答えは、やまちゃんの本「いのちの恩返し」

 実は、
山ちゃんは「すぐには死なん」と答えたそうです。たしかに、山ちゃんが亡くなったのは、Mさんが成人式を迎えてからでした。改めて山ちゃんはすごい人だったんだな、と思います。

 子どもによけいな心配をさせてはいけないということで、子どもに親の病気のことを知らせないケースや親の病状が回復を見込める状況でなくなった段階でも身近な家族が「あなたがいい子でいたら、お母さんは元気になって帰ってくるよ」と伝えてみたり、と、いろいろなケースがあるようです。

 講演では、年齢に応じて、どのような点に気をつければいいのか、細かく話されていました。

 鹿児島でも、乳がんの患者さんが多い相良病院で
「親ががんである子どもサポートプログラム」を実践されています。がんの親ばかりでなく、子どもにとっても「自分だけではないんだ」という気持ちを共有できるなど、かなりの実績をあげているようです。

この緩和ケアネットワークで、もうひとつ、思いがけない出会いがありました。

 がんサポートかごしまのNさんです。なんと彼女は、がんサポートが県内の小学校で「いのちの授業」を始めるにあたって、村末学級の子どもたちを相手に授業の練習(?)をやったとき、一保護者として見学にいらしていたらしいのです。その後、偶然彼女自身が乳がんと診断され、がんサポートかごしまとつながりができ、彼女自身が「いのちの授業」の実践をやっているというのです。

 あのときの授業を親子で受けていたおかげで、がんのことを子どもに話すこともスムースにできました、とのこと。がんになっても、うつむいてばかりいないで、前向きに歩き出す女性が鹿児島にいらっしゃることが判明して、なんともうれしい出会いでした。

しかも、いのちの授業は、教育現場にどんどん広がって、今年は、がんサポートかごしまだけで、12の学校で実施するそうです。すばらしい。
http://gansapo.jugem.jp/?month=201311
 
posted by: tanechan | いのちの授業 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
本と子どもの発達を考えるー松本訪問記
図書室  (子ども病院内のしろくま図書館)
10月4日から6日まで、信州松本まで行ってきました。招いていただいたのは、「本と子どもの発達を考える会」のみなさん。かつて、ドラマにもなった『電池が切れるまで』の舞台になった長野県立こども病院で20年も読みきかせボランティアをやっていらっしゃるメンバーが中心になっている会です。

写真は、読みきかせボランティアが病棟を巡回するときに使うブックトラック

とらっく


下の絵は、子どもたちが放射線治療に通う廊下に描かれたマヤマックスさんの絵です。
くじらねこ

ぞう

松本の本と子どもの発達を考える会は、この子ども病院ボランティアさんが中心になって作られた会で、こんな本をそろえて、必要とする学校やグループに貸し出しされています。
さわる参考きも

いつの間にか、ブログの様式が変わっていて、うまく使いこなせないので、とりあえずの報告です。FBをお使いの方は、そちらもあわせてご覧ください。松本のみなさん、大変お世話になりました。多くのことを学ばせていただき、元気をたくさんもらって帰ってきました。

 
posted by: tanechan | いのちの授業 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
恒例、指宿図書館セミの羽化の観察会
これも、いのちの授業のひとつですね。

指宿市立指宿図書館のイベント

『セミの羽化 観察会』
日時:平成25年7月26日(金) 
19:30〜20:00
おはなし会 (セミの基礎知識 セミってどうやって羽化するのなど…)
20:00〜21:00
館外でセミの羽化観察

場所:指宿図書館絵本コーナー 館外

持ってくる物:懐中電灯 虫よけスプレー
事前の申し込み:不要

セミ博士は、山川図書館長 Hisaさんですが、会場は、指宿図書館です。おまちがえのないように。

写真は、Hisaさんからお借りしました。

せみ2セミ

こんなけんめいな姿を見ることができます。感動ものです。

今年は引き続き、指宿サイエンスクラブ主催で、以下のようなイベントもあるらしい。
指宿の子どもたち、夏休みの自由研究は、これで決まりですね。報告書の書き方は、図書館で聞いてください。どっさり、資料があります。

サイエンス
posted by: tanechan | いのちの授業 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
たにかわさんがやってくる!
posuta- 

鹿児島にたにかわしゅんたろうさんが来てくださいます。
ずいぶん、久しぶりです。

今回は、息子の谷川賢作さん、小室等さん、ゆいさん、と二組の親子が揃う豪華な顔ぶれ。

4月27日(土)14:00開始です。

ただ今、前売り券発売中。

問い合わせは、徳田さん 090−2505−7105

谷川さんは、私にとっても、大事な方です。
進行性胃がんで、5年生存率20%を告げられ、ぼうぜんとしていたころ、「あなたのために鹿児島に行くよ」と言っていただいて、ちゃんと約束を果たしてくださいました。
1996年4月のこと。会場の文化センターは、1600名の参加者であふれました。

あれから、17年、今も元気でいます。

ぜひ、みなさんもたにかわさんのトークとライブに参加しませんか。元気をもらえますよ。
posted by: tanechan | いのちの授業 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年も届きました。いのちの授業実践!
mura 

今年も届きました。
私が「いのちの授業」を始めるきっかけをつくってくださった村末先生の学級通信のまとめです。年度末の忙しい時期にご自分で製本までされたものです。

村末先生の学級通信は、「天までとどけの屋根裏部屋」というなんらやあやしげな響き(笑い)をもったホームページで読むことができます。

毎年取り組んでいらっしゃる「体からの小さな便り・・・おしっこの授業」渋さを実際に味わってから取り組む「干し柿づくり」に加えて、
笑えたのは、粘土みたいなご飯を食べた宿泊学習の経験。(本人たちはわらいごとではなかったでしょうが)
圧巻は、学習発表会で、背景に使う笑顔の写真を校外に自分たちで撮りにいった場面。(実物を見たかった)

子どもたちが、お母さんやお父さんの子ども時代のことを聞きとる記事もあります。

しかし、ちがうんですね。こんなふうに、縦書きで子どもたちの筆跡もときおり残して読めるのは、あじわいがあって・・・。

子どもたちにとっては、なにものにも代えがたい財産になるでしょうね。将来、自分の子どもに自慢して見せる子もいるかも。

最近、南日本新聞に掲載されている重松清さんの小説「めだか太平洋を往く」を楽しみに読んでいます。退職したばかりの小学校の先生とかつての教え子の交流を描いています。村末学級の子どもたちもやがて、太平洋を泳ぐかもしれません。

posted by: tanechan | いのちの授業 | 10:57 | comments(1) | trackbacks(0) |
1週間も前ですが、広島に行ってきました
 11月29日〜30日、広島県立図書館であった「児童サービス」全国研究集会に行ってきました。

ひろしま

 全国から集まった公共図書館の児童サービス担当者の研究集会。今年のテーマは「ひとりひとりに寄り添うサービス」

 私は、基調講演という大役をおおせつかっていたのですが、自分でやってきたことしか話せないので「子どものいのちを支える図書館へ」のテーマで話をさせていただきました。

 うっかりデジカメを忘れて、せっかくの広島県立図書館の写真を撮ってこれずじまい。そこで、広島で収集してきた資料の一部を紹介します。
(今回入手したなかで、すごいな、と思ったのは、防府市立図書館のYA向けブックリストです。ここも指定管理者だそうです。)

 広島県立図書館は、県全体の規模を考えるとこじんまりとした図書館ですが、来館者への直接サービスだけでなく、県立図書館ならではのサービスを模索し、実践している図書館でした。

 (隣が岡山県と山口県、さらに島根、鳥取ですから、あまり目立ちませんが)

 そのひとつが、今回事例発表された矯正施設への図書館サービス。少年鑑別所とか、少年院とか、児童自立支援施設などへのサービスを手掛けているのです。
 全国でも例が少ないサービスですが、そこに本を必要とする子どもたちがいるからこそ、県立図書館館長さんが先頭になって、サービスを広げてこられたそうです。

 「私は、図書館の営業担当です」とおっしゃっていた館長さんの言葉が印象的でした。とにかく、広報に力を入れてらして、テレビや新聞の取材を受ける機会も多いそうです。

 もうひとつ嬉しかったのは、鹿児島市立図書館が、非正規である嘱託職員が県外を含めて出張できるようにしたそうです。今回も、正規1名と嘱託1名でいらしてました。

 
posted by: tanechan | いのちの授業 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
いじめ問題を考える週間
 「いじめ問題を考える週間」というのをご存知ですか。

ネットで調べたら、鹿児島県教育委員会が提唱し、学校や地域によって、日程が決められているようです。

としょかんでつかまえて」のハッシーさんの高校でも、教育相談と組み合わせて取り組んでいます。

私も、この週間に合わせて計画された出水市の中学校へ「いじめ問題を考えるいのちの授業」に行ってきました。

出水市では(私が行ったのとは別の中学校ですが)、昨年9月1日2学期が始まる日に、中学生が自らの命を絶ってしまう
痛ましいできごとがありました。

いじめが原因だったのかは、確定されていません。(アンケートの遺族への開示の是非をめぐって、いろいろ報道はされていますが、わたしもくわしい情報があるわけではありません)

私が訪問した中学校は、1小学校1中学校というのどかな農村地帯。みんな顔なじみで、深刻ないじめはおこりそうにない、というところだったのですが・・・。

卒業してから、知っている人はだれもいないという高校へ進学する生徒も少なくない。

そこで、まず紹介したのが、山ちゃんが遺してくれた「だれもしらない

山ちゃんが、亡くなったなみこちゃんの1周忌に供えるためにかつての同級生といっしょにつくった絵本です。出版されていないので、パソコンにダウンロードして使いました。

(山ちゃん自身もこの絵本の完成後、まもなく亡くなってしまいましたが・・・)

次に、あさのあつこさんの『バッテリー』のDVDから
原田巧が、体育館の倉庫でいじめを受けるシーンをみて・・・(この場面のあと、あさのさん自身も出演しています)

同じあさのあつこさんの『復讐プランナー』を紹介

もしも、あなたの友だちが、この本の主人公のようにいじめを受けているとしたら、「どういう声をかけるか」

あるいは、「あなた自身がいじめを受けている立場なら、復讐ノートにどんな復讐プランを書くか」
を考えて発表するというアニマシオン的な試みをやってみました。

4〜5名でチームをつくって、どちらの
問題を選ぶかは、チームの話し合いで決めるとしたのですが、結果は、復讐ノート派が圧倒的に多くて、発表は、すごくもりあがりました。

もちろん「声をかける」派も頑張って考えてくれました。この後は、いつものブックトークで締めました。

この授業に先立ち、この中学校の図書館でも、いのちを考えるテーマ展示をやってくれました。
70数名しかいない中学校ですが、専任の司書がいるんです。図書館も独立して新しく、図書費も恵まれているらしい。

えうち

えうち2

すのこ掲示板は、手作り。レイアウトもなかなかのものでした。

下の写真は、帰りに道の駅阿久根で見た夕日。
甑島方面です。癒されました。

夕日


posted by: tanechan | いのちの授業 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
金森先生の講演 南日本新聞に出ていますよ
 8月18日、日置市で実施された金森俊朗先生の講演の記事が、本日(9月12日)の南日本新聞に出ていますよ。

あの迫力ある講演の雰囲気も含めて、限られた紙面に的確に表現されています。
さすがだな、と思わせる記事です。

講演を聴き逃した方、ぜひじっくり読んでみてください。

私は、加害者の立場を思い描く文学作品として、『ごんぎつね』に焦点をあてた授業に感銘を受けました。金森先生は「兵十は、ごんを撃ってしまった後に、どんな気持ちになっただろうね」と問いかけたのだそうです。

たしかに『わたしのいもうと』みたいに、いじめを受けた側のつらさを伝える本はたくさんあるのですが、加害者の心情にまで踏み込めるような本は少ないですよね。
(私の授業も、被害者、いじめを受けている方のこころの痛みを強調する視点に偏っていました。)

実は、近いうちに、ある中学校に授業を頼まれているので、『復讐プランナー』(あさのあつこ著)をとりあげようかと思っています。
この作品は、いじめを受けている側が主人公ですが、いじめている側の苦しみにも心を寄せています。

さすが、あさのさん。

そういえば、あの『バッテリー』にも、
原田巧をいじめていた3年生が、校長室で、いじめに及んだ自らの心情を絞り出すように語る場面がありますよね。(映画では、校長先生が「3年生は大事な時期だし、穏便にすませましょう」というような場面があったような・・・)

授業は、まだ構想中。また機会があれば報告します。


posted by: tanechan | いのちの授業 | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
岡山に行ってきました
 19日の午後、新幹線に飛び乗って、3時間余り、岡山に行ってきました。
以前は飛行機利用が多かったのですが、やはり新幹線は便利!

 駅に着いたら、すぐに、宇原さん(元岡山の学校司書、58歳でがんのために亡くなった)のお墓参りに連れていってくださいました。
 私が、進行性胃がんになって、まもない頃、宇原さんは鹿児島で初めてブックトークなるものを実演してくださいました。
 ブックトークの手法を使った「いのちの授業」を手がけるきっかけを下さった方でもあるのです。

 太鼓

 写真は、20日の「子育て・教育のつどい」のオープニング。地元の子どもたちの力強い大太鼓です。

 午前中の全体会は、大阪I市でスクールソーシャルワーカーをされている方の講演。学力の土台を支えることを目的に、中学校に一人ずつ配置されているそうです。

 午後は、6会場で分科会。
私が担当する「いのちの授業」の分科会は、学校司書を中心に、社会教育課の職員、子ども劇場に関わる方などに交じり、娘さんを最近がんで亡くされた方や、子どもにいのちの大切さを伝えたいので、参考にという一般の方まで、多彩な参加者が集まっていただきました。

 会場には、ブックトークに使用する本は、もちろん、岡山の学校司書がすすめるいのちの本がどっさり展示されていました。ごく最近出版されたもののなかに知らない本も数冊。

 こういうつどいを準備される中心になっているのが、岡山市職員労働組合なんです。すごいなあ。
わが鹿児島では、教職員組合や自治体職員の組合が、一般の方が気軽に参加できるこういう会合をやっているのかなあ。あまり聞いたことないなあ。

 20日夜遅く鹿児島中央駅に着いたら、桜島のドか灰で在来線は運休していました。止めてあった車の上にはこれまで経験したことのないほどの灰がどっさり積もっておりました。

 そして、そして、21日朝早起きして、金環日食待っていたのに、肝心の時間には、厚い雲に阻まれて見ることができませんでした。がっくり。

日食

写真は、東京から送ってもらったものです。 
posted by: tanechan | いのちの授業 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
西紫原小3年生に「いのちの授業」+「本でしらべてほうこくしよう」
 鹿児島市内の紫原小学校で、3年生が総合学習で、「いのちの学習」に取り組んでいるというので、2時間頂いて、授業をしてきました。

 3年生といえば、ちょうど、国語で「本でしらべてほうこくしよう」にも取り組んでいるというので、それでは、総合と国語をいっしょにして、新しい試みができないかと考えたのです。

 偶然ですが、声をかけてくれたY先生は、わが家の長男と小中学校時代の同級生、しかも種子島の住吉小で、村末先生といっしょに勤務していたことがあるし、司書のMさんは、小学生時代に村末先生に教えていただいたことがあるというのです。
 
 2人とも、30代後半ですが、今年から始まった新しい学習指導要領による授業は、いつも刺激的で試行錯誤の毎日だそうです。この世代が学生だったころ、調べ学習指導はどうする、なんていうのは、教職課程でも、司書課程でも、ほとんど触れられなかったはずですから、無理もありません。
 
 当日は、Mさんに3年生の調べ学習に使えそうな本とポプラディアを1式、会場に準備していただき、「わからないときは、調べてみよう」「『いのち』はわからない、ふしぎなことがいっぱいあるよね」というわけで、百科事典の使い方、さらに疑問を解決するための本を何冊かブックトーク風に紹介しました。

 冷たい体育館の床に座って聞く方は大変だったと思うのですが、子どもたちの集中力は、すばらしかったです。

 質問はほとんど出なかったのですが、感想発表では、ブックトークで発見したことが次々にでてきました。いのちの本とかこれまであまり読んでこなかったけど、学校の図書室にたくさんあることがわかったので、これから読んでみたいと言ってくれた(講師を喜ばせる術を心得ているよね)男の子もいました。

 司書の先生は、おもしろい本も紹介してくれるけど、調べたいことがあるときも頼りになる存在だよ、とアピールできたのがなによりです。
posted by: tanechan | いのちの授業 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) |